ホーム > 商品情報 > 精密鋳造の工程

精密鋳造の工程

一般的な精密鋳造の工程は下記のとおりです。

  1. 金型にワックスを注入し、ワックス模型(パターン)を製作します。
  2. これを湯道(ランナー)に接着し、木のような形(ツリー)に組み立てます。
  3. コロイダルシリカとジルコンフラワーなどの耐火物粉末を混合した泥しょう(スラリー)に浸し、さらに砂を振りかけ、乾燥させます。この工程を5~6回繰り返して鋳型(シェル)を作ります。
  4. 鋳型内のワックスを高圧蒸気釜(オートクレーブ)で抜きます。そして高温で焼成します。
  5. この鋳型に金属を注湯し、冷却後、鋳型を壊して鋳造品を切り落とします。
    この鋳造品に熱処理を施したり、加工したりして製品とします。

精密鋳造の工程

ロストワックス物性測定について

1.軟化点 環球法(JISに準拠)で測定
2.粘度 B型回転粘度計を使用しJISに準拠した方法で測定
3.針入度 JISに準拠した方法で測定(測定温度は25度)
4.流動無点 測定方法は自社オリジナル
5.凝固点 測定方法は自社オリジナル
6.灰分 測定方法は自社オリジナル(強熱残分を測定する方法)
7.強度試験 測定方法は自社オリジナル

ページトップへ戻る

中文/簡体

English

文字サイズ

Copyright © 2011 SHINWA SANGYO Co., Ltd