ホーム > 商品情報 > 信和レヂン

信和レヂン

信和レヂン精密鋳造用ワックス

精密鋳造の工程でワックス造型は最初の工程であり、この工程の良し悪しにより鋳造製品の良否が決定されます。

ワックス造型工程では、インジェクション工程からツリー組立工程まで、工程に適した精密鋳造用ワックスが求められます。

精密鋳造用ワックスは、蜜蝋から始まり、精密鋳造の進歩とともに、樹脂や天然ワックス、合成ワックスの複雑なブレンド品になってきました。

構成成分の種類と配合比率により、融点や凝固点が変わるばかりでなく、寸法収縮率や強度も変わります。成型するワックスパターンに応じて、これらワックスの特性を変える必要があります。

また、精密鋳造工場で使用される射出成型機に応じて、供給するワックスはペレットや丸棒(ビレット)があります。

信和産業株式会社は、お客様のニーズに応じた精密鋳造用ワックスを供給します。精密鋳造用ワックスの品質を維持するため、信和産業株式会社は下記の測定を行っています。

1.軟化点 ワックスが十分に軟化する温度
JIS K-2207-6、4(環球法)に準拠した方法で測定
2.流動無点 液体ワックスが流動性を失う温度
測定方法は自社オリジナル
3.凝固点 液体ワックスが凝固する温度
測定方法は自社オリジナル
4.粘度 液体から半凝固状態までの粘度を測定
JIS K-6833に準拠した方法で測定
5.針入度 ワックスの硬さを測定
JISK-2235-5、4に準拠した方法で測定
6.灰分 ワックス中の強熱残分を測定(800℃)
測定方法は自社オリジナル
7.強度 3点曲げ試験により測定
測定方法は自社オリジナル
8.収縮率 射出成型したパターンの線収縮率を測定
測定方法は自社オリジナル

信和レヂン精密鋳造用ワックス

パターン ワックス 製品(パターン)を形成するワックスです。インジェクションマシン(セミ・ソリッドタイプ/セミ・リキッドタイプ)により金型に圧入され製品を形成します。 新材・再生材:丸棒(ビレット)、
プレート(5kg×4枚 20kg梱包)、
ペレット(20kg袋)
ランナー ワックス 棒状のワックスです。パターンを接着しツリーを製作します。 新材・再生材:押し出しランナー(20~25kg梱包)
接着ワックス パターンとランナーとの接着に使用します。 新材:プレート(20kg梱包)
ディップシール
ワックス
ランナーにコーティングし脱蝋性を向上させます。ツリー組み立て後の修正用にも使用されます。 新材:プレート(20kg梱包)
修正ワックス パターンの凹みや肌の修正に用います。 新材:プレート(20kg梱包)、
缶(15kg)
ソリブルワックス 水溶性ワックスです。パターンに中空部を形成させる場合に使用します。射出成型したソリブルワックスを金型にセットし、パターンワックスでくるむように成型します。そして3%希塩酸又は水にてソリブルワックスを溶出させ、パターンに中空部を作り出します。 新材:プレート(5kg×5枚 25kg梱包)
切削ワックス 固形状のワックスです。旋盤などでの加工が可能なパターンワックスで、試作品などの少量試作生産向けです。 新材:プレート(20kg梱包)

丸棒(ビレット)

丸棒(ビレット)

丸棒製品

丸棒製品

プレート

プレート

プレート製品

プレート製品

ランナー

ランナー

ランナー製品

ランナー製品

ペレット

ペレット

ペレット製品

ペレット製品

ページトップへ戻る

中文/簡体

English

文字サイズ

Copyright © 2011 SHINWA SANGYO Co., Ltd